• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鵬程万里の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

はるか遠くへだたった旅路・道程のたとえ。また、限りなく広がる大海の形容。前途が洋々たることの形容に用いられることもある。▽「鵬」は想像上の巨大な鳥。おおとり。背中の大きさは何千里あるかわからず、つむじ風を起こして九万里の上空に飛び上がるという。「程」は道程の意。「万里鵬程ばんりほうてい」ともいう。
出典
『荘子そうじ』逍遥遊しょうようゆう
句例
鵬程万里、はるばるブラジルからやって来た青年
類語
前程万里ぜんていばんり 万里鵬翼ばんりほうよく 鵬霄万里ほうしょうばんり

鵬程万里の解説 - 学研 四字熟語辞典

おおとりの飛ぶ距離ほどに長い道程。転じて、前途洋々たる道のり。大事業の前途。
注記
「鵬」は、おおとり。中国の伝説上のめでたい大きな鳥。「程」は、道程・道のり。「万里」は、はるかに遠い距離。北の海にすむ鯤こんという大魚が鵬に変身して、海が荒れる季節になると、南の空に向かって、海面三千里に翼を打ちつけ、九万里の高さに舞い上がって、六か月の間、休むことなく飛び続けるという寓話から。「万里鵬程ばんりほうてい」ともいう。
出典
『荘子そうじ』逍遥遊しょうようゆう
類語
前程万里ぜんていばんり 前途洋洋ぜんとようよう 図南鵬翼となんほうよく 万里鵬翼ばんりほうよく
対義語
前途多難ぜんとたなん

キーワード[先行き]の四字熟語

キーワード[事業・大事業]の四字熟語

キーワード[近い/遠い]の四字熟語

難読漢字遊戯 漢検上位レベルの問題に挑戦! goo辞書

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。