• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 裏面にカササギの模様のある鏡。単に、鏡をもいう。

    1. 「あまのはら光射し添ふ―と見ゆる秋の夜の月」〈夫木・一三〉

  1. 《鏡の意から》の異称。