• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《ウズラの羽がまだらであるところから》継ぎはぎのしてある着物。ぼろな着物。うずらぎぬ。うずらのころも。

「錦繍 (きんしゅ) のかさね引きかへ、いつの間に―と綻 (ほころ) びて」〈浄・五枚羽子板〉

[補説]書名別項。→鶉衣

江戸後期の俳文集。4編12冊。横井也有著。前編は天明7年(1787)刊、後編は翌天明8年(1788)刊。続・拾遺編は文政6年(1823)刊。也有の俳文をほとんど全部網羅しており、その軽妙自在な文体は古来俳文の一典型とされる。