• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鶏口牛後の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

大きな集団や組織の末端にいるより、小さくてもよいから長となって重んじられるほうがよいということ。▽「寧むしろ鶏口と為るも、牛後と為る無かれ」の略。「鶏口」は鶏の口(くちばし)。弱小なものの首長のたとえ。「牛後」は牛の尻。強大なものに隷属する者のたとえ。
出典
『史記しき』蘇秦伝そしんでん
類語
鶏尸牛従けいしぎゅうしょう
故事
中国戦国時代、遊説家の蘇秦そしんが韓王かんおうに、小国とはいえ一国の王として権威を保つのがよく、強大国の秦しんに屈して臣下に成り下がってはならないと説いて、韓・魏ちょうえんせいの六国が合従がっしょうするのを勧めた故事から。

鶏口牛後の解説 - 学研 四字辞典熟語

たとえ小さな組織でもそのリーダーになるべきで、大きな組織の下っぱに甘んじていてはいけないということ。
注記
「鶏口と為るも、牛後と為る無かれ」の略。「鶏口」は、鶏のくちばしの意で、小さな組織の長のたとえ。「牛後」は、牛の尻の意で、大きな組織の下のたとえ。「牛後」を「ごご」と読み誤らない。
故事
中国戦国時代、強国の秦しんに従うか、それとも秦と戦うか迷っていた韓かんの恵宣王けいせんおうに向かって、遊説家の蘇秦そしんが「たとえ鶏口になっても牛後になってはいけない」と言い、秦と戦う道を説いたという。
出典
『史記しき』蘇秦そしん

鶏口牛後の解説 - 小学館 大辞泉

《鶏口は小さな団体の長、牛後は大きな団体の従者の意》「鶏口となるも牛後となるなかれ」に同じ。

キーワード[指導者]の四字熟語

キーワード[出世]の四字熟語