1. スズメ目ウグイス科ウグイス属の鳥。全長は雄が約16センチ、雌が約14センチで、上面は緑褐色、腹部が白く、淡色の眉斑 (びはん) がある。東アジアに分布。日本では夏は山地の低木林で繁殖し、冬は平地に降りる。鳴き声を楽しむために古くから飼育された。春鳥・春告げ鳥・花見鳥・歌詠み鳥・経読み鳥・匂い鳥・人来鳥 (ひとくどり) ・百千鳥 (ももちどり) ・愛宕鳥 (あたごどり) など別名は多い。 春》「―の声遠き日も暮れにけり/蕪村

  1. 声の美しい女性をいう語。「鶯嬢」

  1. 鶯色」「鶯茶」の略。

  1. 草紙などを綴 (と) じるときに用いる竹串。

  1. 茶筅 (ちゃせん) を立てるための道具。茶筅立て。

  1. 《中世語》切匙 (せっかい) をいう女性語。

[補説]作品名別項。→
狂言。和泉 (いずみ) 流。梅若殿の家来が、主人のためにある男の秘蔵の鶯を刺そうとして失敗し、主人の太刀まで取られてしまう。
伊藤永之介の小説。昭和13年(1938)刊行。東北農民の生活を描いた「鳥類もの」と称される作品の一つ。