• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「鶴見崎」とも書く》大分県南東部、佐伯 (さいき) 市東部の鶴見半島東端にある岬。九州最東端に位置し、豊後 (ぶんご) 水道をはさんで愛媛県の由良岬 (ゆらのはな) に相対する。先端には高さ150メートルの海食崖 (がい) があり、多くの海食洞がある。洞内に押し寄せた大波によって10メートル余りも吹き上げる「潮吹き」現象が見られる。日豊 (にっぽう) 海岸国定公園に属する。