• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言の流派の一。室町初期の路阿弥を流祖と伝え、江戸初期の10世鷺仁右衛門の代に家系・芸系を確立。観世座付きとして幕府に重用されたが、明治末年に廃絶。現在、新潟・山口などに地方芸能として名残をとどめる。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉