• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. のように、足を高く上げて静かに歩くこと。ぬきあし。

  1. 田楽の道具で、1本の棒の中程に横木のあるもの。横木に両足をのせて跳びはねる。また、その演技や舞。高足 (たかあし) 。

  1. 竹馬 (たけうま) 。高足。

  1. 机や台などの脚で、湾曲していて丈の高いもの。先端を反らせて曲げた華足 (けそく) が鷺の足を連想させることによる。