• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 鹿の子絞り」に同じ。

  1. 鹿の子絞りに染めるため、絹や布を糸でつまみ縛ること。

  1. 近世、上方で2の仕事をするかたわら売色した女子。

    1. 「牙儈 (すあひ) 女、―、舞子、比丘尼」〈浮・禁短気・三〉