• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

京都市右京区にある臨済宗天竜寺派の寺。山号は、覚雄山。天授6=康暦2年(1380)足利義満春屋妙葩 (しゅんおくみょうは) を開山として創建。初めは宝幢 (ほうどう) 寺と称し、京都十刹 (じっせつ) の一。鹿王院は開山堂の名。のち本寺は廃絶、本院のみ残存。