• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

磯田光一による評論。昭和58年(1983)刊行。副題「近代日本文芸史誌」。日本の欧化の象徴としての鹿鳴館に着目しつつ、日本文化の近代化・欧化の歩みを論じる。第35回読売文学賞受賞。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉