• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

麟鳳亀竜の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

太平の世になると現れると信じられていた四種の霊獣霊鳥麒麟きりん鳳凰ほうおうかめ竜のこと。転じて、非常にまれで珍しいもの、聖人・賢者のたとえ。▽麒麟鳳凰・竜は想像上の動物で、太平の世に出現するというめでたいもの。「竜」は「りょう」とも読む。
出典
『礼記らいき』礼運れいうん

麟鳳亀竜の解説 - 学研 四字熟語辞典

太平の世に現れると信じられていた、麒麟きりん鳳凰ほうおう・亀かめ・竜りゅうのこと。転じて、非常にまれで珍しい事物・聖人・賢者などをいう。
注記
麒麟・鳳凰・亀・竜は、いずれも霊鳥・霊獣とされ、めでたい兆しとされた。「りんぽうきりょう」とも読む。
出典
『礼記らいき』礼運れいうん
goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年7月