• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

麟鳳亀竜の解説 - 三省堂 新明解四字熟語辞典

太平の世になると現れると信じられていた四種の霊獣・霊鳥。麒麟きりん鳳凰ほうおうかめ竜のこと。転じて、非常にまれで珍しいもの、聖人・賢者のたとえ。▽麒麟・鳳凰・竜は想像上の動物で、太平の世に出現するというめでたいもの。「竜」は「りょう」とも読む。
出典
『礼記らいき』礼運れいうん

麟鳳亀竜の解説 - 学研 四字辞典熟語

太平の世に現れると信じられていた、麒麟きりん・鳳凰ほうおう・亀かめ・竜りゅうのこと。転じて、非常にまれで珍しい事物・聖人・賢者などをいう。
注記
麒麟・鳳凰・亀・竜は、いずれも霊鳥・霊獣とされ、めでたい兆しとされた。「りんぽうきりょう」とも読む。
出典
『礼記らいき』礼運れいうん

キーワード[人物]の四字熟語