• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

麤枝大葉の解説 - 学研 四字熟語辞典

大ぶりな枝がまばらに伸びていて、葉が大きいこと。文章が、細かい技巧や規則に走らず、ゆったりとしていること。大まかで、風格があること。
注記
「麤」は、まばらなさま。「大葉」は、葉が大きいこと。
表記
「麤枝」は、「粗枝」「麁枝」とも書く。
出典
『朱子語類しゅしごるい』七八
類語
椽大之筆てんだいのふで
goo辞書 その言葉、間違っていませんか?投稿前に文章をチェック!

gooIDでログインするとブックマーク機能がご利用いただけます。保存しておきたい言葉を200件まで登録できます。