• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中野孝次の処女小説。苦学した著者自身の青春時代を題材とする自伝的作品で、3部からなる。昭和53年(1978)刊行。翌年、第7回平林たい子文学賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉