• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大岡玲 (あきら) の小説。小さな島を舞台に、都会から抜けだした青年の憂鬱と気概を描く。平成元年(1989)刊行。同年、第2回三島由紀夫賞受賞。

[文学/戦後の作品]カテゴリの言葉