胆汁色素が血液中に増加し、皮膚や粘膜が黄色くなる状態。胆嚢 (たんのう) 肝臓の病気、赤血球が多量に破壊される病気などで起こる。