• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
井伏鱒二 (いぶせますじ) の小説。昭和40~41年(1965~1966)発表。広島の原爆を扱った記録的作品。黒い雨に打たれた姪の結婚話が破談になるのを通して、原爆の悲劇を日常生活の場で描く。
を原作とする映画。今村昌平監督、平成元年(1989)公開。第63回キネマ旬報ベストテンの日本映画ベストワン作品。第13回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞。

核兵器原子炉事故等による核爆発で生じた放射性物質と、高熱で瞬時に燃焼した家屋、樹木の煤 (すす) などが強い上昇気流に乗って高空に達し、発生した雨雲から雨となって落下したもの。煤が溶け込んで黒い。強い放射能をもつ。

[補説]広島では原爆爆発後20分くらいから黒い雨が降った。この雨に濡れた人、雨で汚染された水を飲んだ人は放射線障害をきたした。長崎ではごく限定された地域のみで、ほとんど降らなかった。第五福竜丸が被曝したときは白い灰が降った。
書名別項。→黒い雨

出典:gooニュース