柄 (つか) ・鞘 (さや) から金具に至るまで、すべて黒漆塗りにした太刀。武家や寺院の僧兵たちに多く用いられた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉