• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. トチカガミ科の多年草。池沼や河川にみられる沈水植物。長さ30~60センチ、茎の節ごとに細い線形の濃緑色の葉を輪生する。雌雄異株。夏から秋、淡紫色の小花を水面に開く。

  1. ナガマツモ科の褐藻。沿岸の干潮線付近の岩上に生え、高さ30~50センチ。体は中空のひも状になり、長い枝を羽状に出す。全面に黒褐色の毛がある。食用。

[生物/植物名]カテゴリの言葉