• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

広津柳浪の小説。明治28年(1895)発表。醜女お都賀が無頼の舅 (しゅうと) を毒殺し、自殺するまでの人生を描いた、深刻小説の代表作。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉