• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

の荘王が、を軽んじ、周室に伝わる宝器である九鼎 (きゅうてい) の大小・軽重を問うたという「春秋左伝」宣公三年の故事から》統治者を軽んじ、これを滅ぼして天下を取ろうとする。権威ある人の能力・力量を疑い、その地位から落とそうとする。「会長として―・われる」

[補説]この句の場合、「軽重」を「けいじゅう」と読むのは誤り。