[名](スル)はらつづみを打つこと。世の中がよく治まり十分に食べることができて、何の不平不満もないこと。
  • 「―して太平を楽しめり」〈永峰秀樹訳・暴夜物語〉

出典:青空文庫