• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ねずなき」に同じ。

「簾の内から―、何事かと寄る袖の時雨」〈浮・新色五巻書・三〉