advanced photo system》カメラをより小型化し、カメラへの装着と取り出しを容易にした新フィルム様式。フィルムの幅を従来の35ミリから24ミリに小型化してカートリッジに収めたもので、カートリッジごとフィルムの装着・取り出しができる。撮影データなどの磁気情報も記録可能。日本のカメラ・フィルムメーカーにより共同開発され、平成8年(1996)に実用化。平成24年(2012)すべてのメーカーが販売を終了した。

antiphospholipid antibody syndromeantiphospholipid syndrome》⇒抗燐脂質抗体症候群