• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

advanced persistent threat attacks》特定の組織や個人に対して、複数の手法を用いて継続的に行われる一連のサイバー攻撃の総称。標的型メールソーシャルエンジニアリングなどさまざまな手法を組み合わせ、情報の不正取得や破壊行為など目的が達成されるまで執拗 (しつよう) に繰り返される。組織構造や個人情報を調査した上で、対象を狙い撃ちする独自開発のコンピューターウイルスを送り込むため、既存のウイルス対策ソフトでは防御できない場合が多い。持続型標的型攻撃。→標的型攻撃

[補説]2010年ごろから産業スパイや軍・諜報機関によると思われる行為が表面化しはじめ、注目されるようになった。