• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

生体内でATP(アデノシン三燐酸 (りんさん) )の合成に寄与する酵素。一方が軸となり、もう一方が回転するモーターのような構造をしており、細胞内のミトコンドリアの内膜などに存在する。水素イオンの濃度差を駆動力とし、ATPの合成を進める。ATPシンテターゼ。