ウイルス性肝炎の一。C型肝炎ウイルス(HCV)に感染することで起こる。血液を介して感染し、汚染された血液の輸血による場合や、非加熱血液製剤、注射針などを介する場合もある。体がだるい、食欲不振、嘔吐 (おうと) などの症状があるが、自覚症状のないことも多い。慢性肝炎や肝硬変肝癌 (かんがん) の成因となることもある。

[補説]かつて「非A非B型肝炎」とされた肝炎の大部分がC型肝炎にあたる。