• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

微分作用素上で定義された加群。1970年代に佐藤幹夫によって提唱され、のちに柏原正樹らが微分方程式の研究を元に、代数幾何学解析学にまたがる理論体系を構築した。