• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

directly observed therapy short-course》直接服薬確認療法。患者の服薬を第三者が直接確認し、患者自身が服薬を忘れたり、勝手に中断したりすることを防ぐ治療法。特に結核治療において、新たな感染者の発生と耐性菌化を防ぐことを目的とし、保健所職員や訪問看護師、ケアマネージャーなどが服薬の確認にあたる。