• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

Emergency Planning Zone》防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲。原子力施設で異常事態が発生した場合に備えて、あらかじめ、周辺住民への連絡手段の確保、屋内退避・避難等の方法の周知、環境放射線モニタリング体制の整備などの対策を講じておく必要のある地域。原子力発電所の半径8~10キロメートル、再処理施設の半径5キロメートル、加工施設の半径500メートルが目安とされる。