J.ハイドンの解説 - 小学館 大辞泉

[1732~1809]オーストリアの作曲家。モーツァルトと並ぶ18世紀後期古典派音楽の代表者で、ソナタ弦楽四重奏曲・交響曲などの形式を確立した。作品に、104曲の交響曲のほか弦楽四重奏曲「皇帝」、オラトリオ四季」「天地創造」など。

J.ハイドンの解説 - SOCKETS人物データベース

100曲以上の交響曲を作曲し、"交響曲の父、弦楽四重奏曲の父"と称される、古典派音楽を確立した大作曲家。
出生地
オーストリア・ウィーン
生年月日
1732年3月31日 おひつじ座
没年月日
1809年5月31日(享年77歳)
別表記
HAYDN FRANZ JOSEPH JOSEPH HAYDN ハイドン フランツ・ヨーゼフ・ハイドン J. HAYDN