• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

地質時代の区分における、中生代白亜紀新生代古第三紀の境目。約6500万年前、現在のメキシコのユカタン半島に、直径10~15キロメートルの小惑星が衝突して急激な環境変化を引き起こし、恐竜をはじめとする多くの生物が絶滅したことで知られる。→チチュルブクレーター

[補説]白亜紀(ドイツ語のKreide)と古第三紀(英語のPaleogene)の頭文字から。かつては古第三紀ではなく第三紀(英語のTeriary)の頭文字から、K-T境界とよばれた。