• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《K2KはKEK to Kamiokaの略》人工的に発生させたニュートリノによってニュートリノ振動が起きているかどうかを検証する実験の通称。正式名称は「つくば神岡間長基線ニュートリノ振動実験」。平成11年(1999)から平成16年(2004)まで続けられた。茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK)にある加速器μニュートリノのビームを発生させ、約250キロメートル離れた岐阜県飛騨市のスーパーカミオカンデでニュートリノを検出した。この実験により、大気ニュートリノで発見されたニュートリノ振動が、加速器で人工的に発生させたニュートリノについても同様の現象が起こることが確認された。→T2K実験