• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

MIcro Nano Experimental Robot Vehicle for Asteroid, the second generation》平成26年(2014)に打ち上げられた小惑星探査機はやぶさ2に搭載された2種類の探査用ローバーはやぶさに搭載されたミネルバの後継として開発され、小惑星表面の微小な重力の下、内蔵モーターのトルクによって飛び跳ねるように移動する機構を採用。ミネルバⅡ1を構成するローバー1A、ローバー1B、およびミネルバⅡ2のローバー2の3台からなる。平成30年(2018)9月、リュウグウ表面へミネルバⅡ1の2台を投下。少なくとも1台は小惑星上での着陸・移動・観測に世界で初めて成功した。ミネルバⅡ2は不具合が続いていたが、当初の目的である微小重力下での移動機構の検証から、リュウグウの重力場測定に変更し、令和元年(2019)10月に投下され、運用終了。