on board diagnosis》自動車の電子制御装置(ECU)に搭載された故障診断装置。エンジンやトランスミッションなどの異常を自己診断するもの。読み取り機器を接続することで、故障の箇所や内容などが解析できる。車載式故障診断装置。オンボードダイアグノーシス。

[補説]1980年代前半に同機能が搭載され始めた当時はOBD1とよばれ、各社の規格が統一されていなかったが、1990年代後半にコネクターや通信プロトコルが共通化され、OBD2という5種類の通信規格が策定された。

出典:gooニュース