• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

subacute sclerosing panencephalitis麻疹 (はしか) に感染後、数年から十数年の潜伏期を経て発病する進行性の難病。麻疹ウイルスによるスローウイルス感染症で小児に多くみられる。軽度の知的障害や脱力発作、歩行異常などの初期症状から不随意運動ミオクローヌス)、運動・知能障害の進行、全身の筋肉緊張、意識喪失などの経過をたどる。麻疹罹患者の数万人に一人が発症。麻疹の予防接種を受けた人の発症率が低いことなどから、麻疹ワクチンが発症予防に有効とされている。亜急性硬化性全脳炎。