• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ultra large scale integration》1チップ当たりの半導体素子の集積度が1000万個を超える集積回路

[補説]1970年代以降1990年代に至るまで、集積化技術の向上にともない、集積度が1000~10万個程度のLSI、10万~1000万個程度のVLSI、1000万個を越えたULSIが登場し、それぞれを区別したが、2000年代になってからはこのような区別をせず、集積回路全般をLSIまたはICと呼称することが多い。