• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

X線の強度が数秒から数百秒の間に10倍以上増加するX線天体近接連星系をなす磁場の弱い中性子星伴星からガスが流れ込み、中性子星表面で爆発的な核融合反応が起こることによってX線が発せられると考えられている。X線パルサーと異なり、パルス状の放射は見られない。またこのようなX線の増光現象をX線バーストという。