• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

X線望遠鏡を搭載した人工衛星。大気を透過しない宇宙由来のX線を観測するために大気圏外で観測を行う。日本では昭和54年(1979)にはくちょうが打ち上げられており、以降、ぎんがあすかすざくひとみなどが開発されている。X線観測衛星。

[補説]X線は恒星中性子星ブラックホール銀河団などの天体から放射され、それらの天体に伴う高エネルギー現象の解明に役立つ。