1. ((諺))小さい水差しには大きな取っ手がある;子どもはおとなの内緒話を耳ざとく聞きとる