[接続詞]
  1. 1 …ではあるが,だけれども,だが
    • Though (he was) very tired, he went on working.
    • 彼はひどく疲れていたが,仕事を続けた(◆主語が主節の主語と同じ場合は,「主語+be 動詞」はしばしば省略される)
  2. 2 ((等位接続的に語(句)と語(句)を結んで)) …だが…
  3. 3 ((追加・補足的に主節の後に置いて)) もっとも…だけれども,とはいっても…だが
    • We may draw a prize, though I think not.
    • あるいはくじが当たるかもしれない,もっとも駄目だとは思うが.
  4. 4 ((しばしば even though)) たとえ…でも,よし…にもせよ(even if)(◆though 節の動詞は古風な文体では仮定法を用いることがある)

thoughの慣用句・イディオム

  1. as though
  1. What though ...?
━━ [副詞] ((話)) ((文尾または挿入的に用いて)) だが,でも,しかし,やはり;((疑問文のあとで強調の意味を添えて)) 本当に
語法
(1)((米)) では文頭で although を用いることが多い.
(2)even though とはいうが,even although とはいわない.
(3)形式張った文では although,くだけた文では though を用いる傾向がある.
(4)although には副詞用法はない.
語源
900年以前. 中期英語 thoh<古ノルド語 thō(古くは*thauh);古期英語 thēah に取って代わる;ドイツ語 doch と同語源