[接]
  1. 1 〔間接疑問の名詞節を導いて〕…するかどうか;〔~ to do〕…すべきかどうか
  2. 2 〔譲歩の副詞節を導いて〕…であろうとなかろうと
    • whether rich or poor [old or young]
    • 貧富[老若]を問わず(◆whetherを省くこともある)
  3. [語法]
    (1) whether A or B, または whether A or not, 時に whether A or whether B の形をとるが,間接疑問ではふつう or not を省く.(2) whether 節が長いときは whether の直後に or not を置く.
    (3) 口語やくだけた表現,または ask, know, doubt, learn, see, tell, wonder などが whether 節を導くときは if で代用できる.
    (4) whether to の場合,前置詞の目的語の場合,whether or not の場合は if で代用できない(⇒if 3).
    (5) 改まった文では whether 節に仮定法の動詞を用いることがある
    • I wondered whether he were dead.
    • 彼は死んでいるのかなと思った.

whetherの慣用句・イディオム

  1. whether or not
    • 2 ((古))いずれにしても;必ず
━━[代]〔疑問詞〕((古))(2者のうち)どちらか