部首
(かたな・りっとう)
画数
7(部首内画数:5)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
6級
音読み
ハンバン [外]ホウ
訓読み
[外]けるわか

意味

①わける。区別する。見分ける。「判定」「批判」 ②わかる。はっきりさせる。あきらかになる。「判然」「判明」 ③さばく。さばき。「判事」「裁判」 ④はん。はんこ(判子)。いん。しるし。「印判」「血判」 ⑤昔の金貨の呼び名。「大判」「小判」 ⑥紙などの大きさの規格。「菊判」

旧字

判
部首
(かたな・りっとう)
画数
7(部首内画数:5)
漢検の級
1級/準1級

判の解説 - 小学館 大辞泉

[音]ハン(呉)(漢) バン(慣) [訓]わかる

学習漢字]5年

〈ハン〉
  1. 二つに分かれる。「剖判 (ほうはん) 」

  1. はっきり見分ける。「判断判定判読判別批判評判 (ひょうばん) 

  1. 区別がはっきりする。「判然判明

  1. 疑わしいことに白黒をつける。「判決判事判例公判裁判 (さいばん) 審判 (しんぱん) 

  1. はんこ。印形 (いんぎょう) 。「印判 (いんばん) 血判 (けっぱん) 贋判 (にせはん) 連判 (れんぱん) 三文判 (さんもんばん) 

  1. 紙・書籍などの大きさ。「判型 (はんがた・はんけい) 

〈バン〉
  1. 紙・書籍などの大きさ。「大判菊判

  1. 昔の金貨。「判金大判小判

    1. [名のり]さだ・ちか・なか・ゆき

    2. [難読]判官 (ほうがん) 判官 (じょう)