部首
广 (まだれ)
画数
11(部首内画数:8)
種別
常用漢字
漢検の級
準2級
音読み
ヨウ
訓読み
[外]もちいるつねおろなん

意味

①もちいる。やとう。「登庸」 [類]用・傭(ヨウ) ②かたよらない。ふつう。つね。ふだん。「中庸」「凡庸」 ③税法の一種。律令(リツリョウ)制で、夫役の代わりに物を納めること。「租庸調」 ④おろか。 ⑤なんぞ。なに。いずくんぞ。疑問・反語を示す助字。

庸の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]ヨウ(漢)

  1. 人をやとい用いる。「登庸 (とうよう) 

  1. 並みである。かわりばえがしない。かわらない。普通。「庸愚庸君中庸凡庸

  1. 昔の課税の一。労役の代わりに布などを納めるもの。「調庸租庸調

    1. [名のり]いさお・つね・のぶ・のり・もち・もちう・やす