部首
(こころ・りっしんべん・したごころ)
画数
16(部首内画数:13)
種別
常用漢字
漢検の級
準2級
音読み
カイ
訓読み
ふところ[高]なつかしい[高]なつかしむ[高]なつ[高]なつける[高] [外]おもいだ

意味

①おもう。おもい。「懐感」「懐疑」「本懐」 ②なつかしい。なつかしむ。「懐旧」「懐郷」「懐古」 ③なつく。なつける。したしむ。「懐柔」「懐慕」 ④ふところ。「懐剣」「懐紙」「懐中」 ⑤いだく。身にもつ。「懐胎」「懐妊」

旧字

部首
(こころ・りっしんべん・したごころ)
画数
19(部首内画数:16)
漢検の級
1級/準1級

懐の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]カイ(クヮイ)(漢) [訓]ふところ なつかしい なつかしむ なつく なつける おもう いだく

〈カイ〉
  1. 胸中にいつまでも思いをいだく。心にいだく思い。「懐疑懐旧懐古感懐述懐所懐素懐坦懐 (たんかい) 追懐抱懐本懐

  1. 中に包みいだく。「懐石懐胎懐妊

  1. だき込んで手なずける。「懐柔

  1. ふところ。「懐剣懐紙懐中懐炉胸懐

〈ふところ(ぶところ)〉「懐刀懐手内懐

[名のり]かぬ・かね・きたす・たか・ちか・つね・もち・やす