部首
(と・とだれ・とかんむり)
画数
10(部首内画数:6)
種別
常用漢字
漢検の級
4級
音読み
セン
訓読み
おうぎ [外]あおおだてる

意味

①おうぎ。うちわ。「扇形」「扇子」 ②あおぐ。風を起こす。「扇風機」 ③あおる。おだてる。そそのかす。「扇情」「扇動」

書きかえ

③「煽(セン)」の書きかえ字として用いられるものがある。

旧字

扇
部首
(と・とだれ・とかんむり)
画数
10(部首内画数:6)
漢検の級
1級/準1級

扇の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]セン(呉)(漢) [訓]おうぎ あおぐ あおる

〈セン〉
  1. おうぎ。うちわ。「扇子 (せんす) 扇面扇状地銀扇軍扇秋扇団扇 (だんせん) 換気扇

  1. おうぎで風をおくる。あおぐ。「扇風機

  1. 人をそそのかして事を起こさせる。あおる。「扇情扇動

[補説]3は「」と通用。
〈おうぎ〉「扇形舞扇

[名のり]み

[難読]団扇 (うちわ)