部首
(て・てへん)
画数
15(部首内画数:11)
種別
常用漢字
漢検の級
準2級
音読み
訓読み
[外]さすこす

意味

①する。さする。こする。「摩擦」「按摩(アンマ)」 ②みがく。とぐ。「研摩」 ③せまる。とどく。「摩天楼」 ④梵語(ボンゴ)の音訳に用いる。「摩耶(マヤ)」「護摩」

書きかえ

①②「磨」の書きかえ字として用いられるものがある。

摩の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音](呉) [訓]する さする こする

  1. こする。さする。触れる。「摩擦摩滅按摩 (あんま) 肩摩減摩揣摩 (しま) 

  1. 接触するほど近づく。迫る。「摩天楼

  1. 梵語の音訳字。「摩訶 (まか) 摩尼護摩

    1. [名のり]きよ・なず