部首
(ならびひ・くらべる)
画数
4(部首内画数:0)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
6級
音読み
訓読み
くらべる [外]ならたぐいころ

意味

①くらべる。てらしあわせる。「比較」「対比」 ②たとえる。なぞらえる。「比喩(ヒユ)」「比況」 ③ならぶ。ならべる。「比肩」「比翼」 [類]並 ④たぐい。仲間。「比類」「比倫」 ⑤ころ。ころおい。「比年」 ⑥同種の二つの数量の割合。「比率」「比例」 ⑦梵語(ボンゴ)の音訳に用いられる。「比丘(ビク)」 ⑧「比律賓(フィリピン)」の略。「比国」

[参考]「比」の省略形が片仮名の「ヒ」に、草書体が平仮名の「ひ」になった。

比の解説 - 小学館 大辞泉

[音](呉)(漢) [訓]くらべる ころ たぐい

学習漢字]5年

  1. 二つを並べて見くらべる。「比較対比類比

  1. 二つのものをくらべた割合。「比重比熱比率比例単比等比

  1. 同列に並べる。並ぶ。「比肩比翼櫛比 (しっぴ) 

  1. 同列に並んだ仲間。たぐい。「比倫比類無比

  1. べたべたとくっつく。親しむ。「比周

  1. なぞらえる。たとえる。「比擬比況比興比喩 (ひゆ) 

  1. ころ。時分。「比年・比来」

  1. フィリピン。「比国比島日比・訪比」

[補説]6は「」と通用する。

[名のり]これ・たか・たすく・ちか・つね・とも・なみ・ひさ

[難読]比丘 (びく) 比丘尼 (びくに) 比目魚 (ひらめ) 比律賓 (フィリピン)