部首
(いと・いとへん)
画数
14(部首内画数:8 )
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
8級
音読み
レン
訓読み
[外]ねりぎぬ

意味

①ねる。(ア)絹をねる。ねりぎぬ。「練糸」(イ)心身や技芸をきたえる。「練習」「訓練」 [類]錬 ②こねる。ねり固める。「練炭」「練乳」

書きかえ

「煉(レン)」の書きかえ字として用いられるものがある。

旧字

部首
(いと・いとへん)
画数
15(部首内画数:9 )
漢検の級
1級/準1級

練の解説 - 小学館 大辞泉

[音]レン(呉)(漢) [訓]ねる

学習漢字]3年

  1. 生糸や生絹をねる。ねりぎぬ。「練糸素練

  1. 手を加えて質をよくする。心身や技を鍛える。「練習練兵練磨教練訓練試練修練水練精練洗練鍛練

  1. なれてうまくなる。ねれる。「練達熟練老練

  1. (「」の代用字)こねる。ねり固める。「練炭練乳