部首
(くるま・くるまへん)
画数
10(部首内画数:3)
種別
常用漢字
漢検の級
4級
音読み
ケン
訓読み
のき [外]くるまてすりたか

意味

①のき。ひさし。「軒灯」 ②家を数える語。また、雅号や屋号に添える語。 ③くるま。轅(ながえ)の高くそりあがった車。また、車の総称。「軒駕(ケンガ)」 ④てすり。「軒檻(ケンカン)」 ⑤あがる。とぶ。たかい。高くあがる。「軒軒」「軒昂(ケンコウ)」

軒の解説 - 小学館 大辞泉

常用漢字] [音]ケン(漢) [訓]のき

〈ケン〉
  1. 轅 (ながえ) が高くあがった車。「軒輊 (けんち) 

  1. 家の屋根の張り出した部分。のき。ひさし。「軒灯

  1. 家屋。「軒数

  1. 高くあがる。「軒昂 (けんこう) 

〈のき〉「軒先軒端 (のきば)